ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

厚労省って…?【発達障がい 学習塾】ふぉるすりーる奮闘記(令和2年1月8日②)

厚労省のページに書かれていた内容です。

発達障害

発達障害は、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。
ですが、発達障害はその特性を本人や家族・周囲の人がよく理解し、その人にあったやり方で日常的な暮らしや学校や職場での過ごし方を工夫することが出来れば、持っている本来の力がしっかり生かされるようになります。

f:id:fouresourire:20200108002917p:plain

発達障害はいくつかのタイプに分類されており、自閉症アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害、吃音(症)などが含まれます。
これらは、生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています。同じ人に、いくつかのタイプの発達障害があることも珍しくなく、そのため、同じ障害がある人同士でもまったく似ていないように見えることがあります。個人差がとても大きいという点が、「発達障害」の特徴といえるかもしれません。

 

コメントは控えさせていただきます……

もし良かったら、一度厚労省のサイトをご覧いただき皆さんの感想を聞きたいと考えています。

www.mhlw.go.jp