ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

発達障がいと運動能力【発達障がい 学習塾】ふぉるすりーる活動ブログ 2020/1/15②

皆さん、こんにちは。ちなみにサイトは独自ドメインに変更しました。

 

今日は「発達障がいと運動能力」について書こうと思います。

 

私たちが子どもの頃を思い出してください。かつて「発達障がい」などという言葉はありませんでしたが、障害児学級というものがありました。このクラスは知的に厳しいお子さんを対象にしていて、通常のクラスは完全に切り離され、別々に授業を受けていました。今でもその名残として、発達支援クラス(知的)というものがあります。

また、昔は「運動ができるけど勉強は全然ダメ」な子ども、「勉強はできるけれど運動は全くできない」子どもと言っているだけで終わっていたのが、今は少し違うとらえ方をしています。

体育の授業でも最近は「発達障がい」の子どもたちに関して、包括的に扱うようになってきました。しかし、まだまだ行き届いてはいないようで、最近、保護者から子どもが体育の授業に出たくないから休んでいる、と聞きました。要するに、このお子さんは不器用で、跳び箱やマット運動がとても苦手らしく、周りの子どもたちにいじめられているというのです。先生は練習したらできるからと配慮がないそうです。そして、ダンスやボール運動は特に苦手で、変な踊りとか、まじめにやってとか、言われるそうです。

学校の先生にも限界はあるでしょうし、難しいとは思いますが、例えば、体育の授業も能力別に分けるなどの配慮はできないかなぁと考えています。

f:id:fouresourire:20200115120528p:plain

Facebook「いいね」お願いします。毎日更新しています!

www.facebook.com

twitterも毎日つぶやいています。「フォロー」お願いします!

twitter.com

友人のブログです。毎日更新するそうです!見てあげてください。

fulou-shulo.seesaa.net