ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

昆布茶【発達障がい 学習塾】ふぉるすりーる活動ブログ 2020/1/15④

昆布茶は美味しいですが、どのような効能があるのか調べてみた。

なぜ調べようと思ったかというと、昨日まで風邪気味だったのが、ほとんど治っている。もしかしたら昨日の夜飲んだ昆布茶!?と思いまして…

調べてみたら新陳代謝が風邪を治してくれたのかと感心しました。

引用先:健康マニア様からです。

xn--u9j257getb21tmzkil4b.com

f:id:fouresourire:20200115132141p:plain

昆布茶の効果、効能・副作用

期待できる効果・効能

昆布茶にはヨウ素が含まれているので甲状腺ホルモンを活性化させ、新陳代謝を活発にするという効果があります。

 

代謝が活性化することにより、体全体の成長が良好になることや髪や爪、肌の状態が良好になるという効果をもたらしてくれます。

 

更に、アルギン酸やカリウムによる血圧を下げる作用や、フコダインによる胃腸の健康維持作用、免疫力向上作用、動脈硬化予防、血糖値抑制作用などの効果も併せ持ちます。

の費用や選び方・味と種類・歴史

費用・コスト

50g入りで200円~1000円ほどが相場となっています。1杯2gをお湯に溶かして飲むタイプがほとんどです。50g入りを500円とすると、1杯のコストが20円になります。

 

選び方のコツ

梅などが入っているものや、減塩のものなど色々なバリエーションのものが販売されています。人によって目的が異なると思うので、自分の目的に合った昆布茶を選ぶことが大事になります。

 

味・香り

昆布だしがあるように、昆布茶には独特のうま味があるのが特徴です。そのうま味と共に何ともいえぬ磯の美味しそうな香りが漂ってきます。更に、トロッとした粘りが美味しさを増してくれるという楽しみもあります。

 

種類や産地の違い

大手の企業から販売されているものは安価で、小さな企業から発売されているものは高いという傾向があります。大手の場合は大量仕入れ、大量販売できるのでその分安価になっていると思われます。

 

歴史

昆布の歴史は非常に古く、縄文時代に中国から伝わり利用されていたという記述が残されています。古くから、他国や支配者への献上品として用いられていました。その後、江戸時代に収穫が盛んに行われるようになり、全国に広がって行ったということです。