ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

英語の勉強法と発達障がい【発達障がい 学習塾】ふぉるすりーる活動ブログ 2020/1/17①

発達障がいと英語の勉強法について

先に言っておくと、大変ですが伸びる方法はあります!

~~目次~~

1.「聞く」ことが苦手の学習法

2.「書く」ことが苦手の学習法

3.「話す」ことが苦手の学習法

 

1.「聞く」ことが苦手の学習法

 聞くことが苦手という事は、耳が弱いのかもしれません。

 聞くときに同時に絵などを見せながら聞かせてみましょう。

 

2.「書く」ことが苦手の学習法

 書くことが苦手という事は、不器用なのかもしれません。

 多少雑でも構いませんので、声に出しながら書かせてみましょう。

 

3.「話す」ことが苦手の学習法

 話すことが苦手という事は、しゃべるのが苦手かもしれません。

 これも少々下手でもいいので、何回も読ませてあげてください。

 

「目」と「手」と「耳」を協調できるように進めてあげてください。

全てに共通することですが、最初にヒントや絵を準備しておくことです。

また、教える側が、我慢することです。ゆったりと構えてあげてください。

関係性が出来上がっているのなら、叱咤激励もありですが…我慢です。

基本、なかなかうまく学習が進められません。

苦戦もします。

大切なのは、何でつまずいているのかを早期に見つけることです。

 

どのお子さんも多くは英語は苦手にしています。

それは、学習障がいに限った話ではありません。

元々日本人なので、違う国の言語を学ぶということは難しいです。

単語の綴り自体を覚えられない場合は、フォニックスで練習させてみましょう。

まとめ…お子さんの状態によって、能力はまちまちです。

得意な事もあれば、苦手な事もあります。できることを褒めましょう!

その子に合った学習法で試してみて、効果がなければ次の手を打ってみてください。

 

www.facebook.com

twitter.com

fulou-shulo.seesaa.net