ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

発達障がいと味覚過敏【発達障がい 学習塾】ふぉるすりーるブログ 2020/1/30①

我が子のトリセツシリーズ

⑥味覚過敏の子の対処法

今日は味覚過敏についてお話します。

 

【特性・特徴】

・発達障がいの子どもの中には味覚・収穫に過敏(逆に鈍麻)がいます。

・特定の匂いが苦手。(タバコ・化粧・汗・ハンバーガーなど)

・「好き嫌い」とは違う。

・味覚だけでなく、食感が苦手もいる。(パサパサ・ドロドロなど)

・逆に極端に刺激の強いものを好む場合もある。

 

【周囲の誤解】

・親の育て方が悪い・わがまま・我慢が足りない、と思われてしまう

・責められたり、無理矢理食べさせられたりする

・単に叱ったり、諭したりされる

・強要したりすると、食に対して苦手意識を持ってしまう

 

【対処法】

・外出時はマスクを着用する

・好きな香りを持ち歩いたり嗅いだりする

・苦手なものは食べないようする

・料理の味付けがわからないときは確認する

・ガムをかむ

・家族や周囲の人は…

 成長によって食べれるようになるので、無理に食べさせない

 調理方法を工夫し食べやすくなるようにする(そこのに合わせる)

 バイキング形式にして、食べられるものだけ選べるようにする

 献立を子どもに考えさせ、主体的に食事を楽しめれるようにする

 

f:id:fouresourire:20200129215550p:plain

 


 

 

www.at-school.jp

twitter.com

facebook.com