ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

大人のASDってどうなの?【発達障がい 学習塾】ふぉるすりーるブログ 2020/2/13①

②大人のASDってどうなの?

ASD自閉スペクトラム症

ASD自閉症高機能自閉症アスペルガー症候群

スペクトラム→連続している

・コミュニケーション・対人関係に困難

・強いこだわり・限られた興味

・子どもの頃から症状が現れる

・大人になってから初めて診断を受けるケースが増えている

 

【特徴】

・相手の立場になって考えることが苦手

・距離感がつかめない

・不用意な発言をする

・言葉を文字通りに解釈する

・想像力が乏しい

・「適当」「もう少し」「多めに」の意味が理解できない

 

【ケース例】

・K:(上司に)パソコンの研修を受けたいです。

・上司:なぜだ?

・K:転職するときに有利だからです。

・上司:バッカモン!

・K:(なぜ怒ってるの?)

 

【強いこだわりの困難】

・興味の対象が限定的

・好きな事には仕事を忘れて没頭してしまう

・融通が利かない

 

【大人のASDの二次的症状】

・配慮がない、空気が読めない

・孤立する、強いストレス

・引きこもり、うつ病パニック障害、対人恐怖症

ASDADHDを併せ持つケースもよくある(症状がよく似ている)

・感情のコントロールができない、衝動性

・成人のASDの59%がADHDである(アメリカの研究)

 

【大人のASDの輝ける場所】

・特効薬はない

ソーシャルスキルの習得

・特性に合った職業相談・就労支援もある(全国のハローワークなど)

・不得手な場面の対処法を身に付ける

・自分の特性を理解する→ASDの持っている特性がプラスに働くことも

・ルールやマニュアルがしっかりしている職種に向いている(経理など)

・数字や理論で対応できる職種に向いている(プログラマーなど)

 

【周囲のサポートとしては】

・一度の複数の仕事を頼まない

ASD→感覚過敏…音や光に配慮する

f:id:fouresourire:20200212223409p:plain

 

 

www.at-school.jp

twitter.com

facebook.com