ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

大人の統合失調症ってどうなの?【発達障がい 学習塾】ふぉるすりーる活動ブログ 2020/2/18①

⑦大人の統合失調症ってどうなの!?

【おさらい:統合失調症って?】

・およそ100人に1人

・普通の話が通じなくなる

・不治の病と言われていた

・多くは回復する

・再発防止の治療の継続が必要

薬物療法がある

・幻覚・妄想などがある精神疾患

・生活の障害…家庭や社会で生活が出来なくなる

・病識の障害…自分を振り返って考えられない

・慢性的になりやすい

・以前は「精神分裂症」と言われていた

 f:id:fouresourire:20200218010633j:plain

【患者数】

・日本では約700万人が生涯で統合失調症にかかる

・10歳代から30歳代に多い(10歳代後半~20歳代がピーク)

・男女比…14:10

・女性の発症年齢は男性よりも遅め

 

【原因】

・全く分からない

・人生の進路への変化が契機となるケースが多い(きっかけ)

・双子で二人とも発症するのは50%(遺伝だけではない)

・発症した母親から生まれた子供の発症は10%

 

f:id:fouresourire:20200218010732j:plain

【症状】

・症状は多彩

〇幻覚・妄想…代表的な症状(陽性症状と呼ぶ)

〇幻覚…実際にないものが見える

〇幻聴…誰のいないのに人の声が聞こえる

〇独語…幻聴と話す

〇空笑…幻聴に聞き入って笑う

〇妄想…誤った内容を信じてしまう

〇迫害妄想…街で歩いている人の中に敵がいて自分を襲おうとする

〇関係妄想…周りの人の咳は自分へ怒っている

〇注察妄想…皆が自分をチラチラ見る

〇追跡妄想…警察が自分を尾行している

〇誇大妄想…自分が全世界を動かしている

〇以上のものを「被害妄想」という

〇考想化声…考えていることが声になって聞こえる

〇作為体験…自分の思いとは違うように誰かに操られている

〇考想伝播…自分の思いが世界に知られている

〇以上を「自我障害」という

 

【幻覚・妄想の特徴】

・内容の特徴…人間関係が主題(他人が悪さをする)

・気分に及ぼす影響…不安で恐ろしくなる(嘘の世界に引きずり込まれる)

・生活の障害…会話や行動が出来なくなる(陰性症状)→周囲に誤解が生じる

・会話や行動の障害…ピントがずれる・話題が飛ぶ・相手の話が読めないなど

・感情の障害…相手の感情が読めない(人と交流できない)

・意欲の障害…無為(意欲が出ない)、自閉(無口になる)

・病識の障害…自分が病気であることを認識できない

 

f:id:fouresourire:20200218010826j:plain

【治療法】

・外来か入院

・薬物治療と心理社会的治療

抗精神病薬(神経遮断薬)

 〇抗精神病作用…幻覚・妄想・自我障害を改善する

 〇鎮静催眠作用…不安・不眠・興奮・衝動性を軽減する

 〇精神賦活作用…感情・意欲の障害などの陰性症状の改善

・薬物治療の副作用は弱いとされている

・生活面でのリハビリテーション

・病気の経過…前兆期・急性期・回復期・安定期

 

※私の見た生徒の症状…例えば指がパッと見たら全く動いていないように見えて、実はよく見ると少しずつ動いています。動きは遅いですが確実に良くなっていき、やがては元に戻っていく印象があります。

 

 

 

www.at-school.jp

twitter.com

facebook.com