ふぉるすりーる活動ブログ

日々の活動報告

エルサレム症候群とは!? 2020/04/29① #発達障害 #学習塾 #塾 #近江八幡 #居場所

第77段 エルサレム症候群とは!?

f:id:fouresourire:20200428231728j:plain

エルサレム症候群とは!?】

エルサレムしょうこうぐん…英語: Jerusalem syndrome

エルサレムを訪問することで引き起こされる、宗教を題材とする強迫的思考、妄想、その他の一連の心理現象を指す

・一つの宗教、宗派に特有のものではなく、様々な異なる経歴を持つユダヤ教キリスト教イスラム教信徒に影響を与えているとしている

・最も一般的な例ではないものの、エルサレム症候群の最も有名な症状としては、これまで精神的に安定し、精神病的徴候が何ら見受けられなかった者が、エルサレムに到着後精神病を発症する現象がある

・この精神病の特徴は、激しい宗教的主題を伴うことで、典型的には数週間経過するか、エルサレムから離脱することで、全快に至る

・イタリア・フィレンツェスタンダール・シンドロームや、主に日本人に報告されるパリ症候群といった他の現象とは、宗教を焦点とする点で性格を異にする

・バルエル等は、英国精神医学ジャーナルの2000年に発表された論文において、過去の精神病歴がない旅行者において発現する特異な症候群について発見し、これを記述したと主張する

・しかし、この主張にはM. カリアンとE. ウィツタムによる批判がある

・カリアンとウィツタムによれば、提示された症状の根拠となった旅行者のほぼ全員がエルサレム入り以前から精神疾患であったという

・更には、エルサレム入りの後に自発的な精神病を呈したとされる僅かな割合の旅行者について、バルエル等はエルサレム入り以前に健康であった証拠を何ら提示していないことも指摘した

エルサレム症候群DSM IV、DSM V にはリスト入りせず、参照もされていない

f:id:fouresourire:20200428231756j:plain

【歴史】

エルサレム症候群はかつてはヒステリーの一種とみなされ、fièvre Jerusalemmiene(エルサレム熱)と称された

・1930年代、エルサレム精神病理学者ハインツ・ヘルマンによって初めて臨床的に言及された

・同氏はイスラエルにおける近代精神病理学研究の祖として知られる

・これらの症状が特にエルサレムの訪問に限定して生ずるものであるかについては論争がある

・というのも、類似の行動はメッカ、ローマといった他の宗教的、歴史的に重要な地域においても観察されてきたからである

エルサレム症候群の症例は、フェリックス・ファブリの旅行記やマージェリー・ケンプの伝記に記述があるのを初めとして、すでに中世には観察されていることが知られる

・19世紀にエルサレムを訪れた人々による膨大な文学作品にも言及がある

・1969年にエルサレム症候群を発症した福音派のオーストラリア人デニス・マイケル・ロハン(英語版)が神の命令であるとしてアル=アクサー・モスクを放火した際はイスラーム諸国が一斉に反発する事件となり、イスラム諸国会議機構が設立されるきっかけとなった

・バルエル等は、2000年の調査においては、自身がエルサレムにいるという事実に加え、千年紀という宗教的意味が相俟って、例年であれば発症に至らない多数の訪問者に影響が及び、エルサレム症候群の入院患者が激増する可能性を示唆した

・2000年、エルサレムへの全体的な旅行者増加によって、旅行者の入院数も微増したものの、危惧されていたエルサレム症候群の流行は現実には起こらなかった

f:id:fouresourire:20200428231847j:plain

【羅患率】

エルサレムのクファル・シャウル精神医療センターへの入院事例を分析した13年間(1980年 - 1993年)の間、イスラエルを題材とする重篤な精神問題を持つ旅行者が同医院に1200人紹介されたことが報告された

・この内470人が入院した

・同症状を訴える旅行者は年間平均して100人に上り、その内40人は入院を要した

・しかし、エルサレムには毎年約350万人の旅行者が訪れる。カリアンとウィツタムは、同市を訪れる旅行者の全体数における割合からして、他の都市と顕著な相違は見られないと指摘する

 

 

 

www.at-school.jp

twitter.com

facebook.com

foulesourire-juken.hatenablog.com